低糖質 豆乳飲料 麦芽コーヒー

健康とダイエット

キッコーマンの豆乳シリーズから

「低糖質 麦芽コーヒー 」の紹介です。

カロリー半分以下!!

糖質も半分以下!!

そしてカフェインレス!

早速いただきます。

飲んでみた感想

普通の麦芽コーヒーは自然な砂糖の甘味がするのですが、

低糖質のほうは甘味料に「アセスルファムK・ステビア」を使っているので

後味が人工的な感じがします。

大豆なので味はどちらも粉っぽいというか「豆乳」なので

昔飲んだ「たんぽぽコーヒー」の粉っぽさに似ています(笑)

飲み比べてみてやはりいつもの麦芽コーヒーのほうが美味しいですね。

カロリーや糖質を気にしている方には、低糖質カロリーOFFの方が良いと思いますが

飲み続けられるかと言われると飽きてしまうような気がします。

豆乳は今、色んな味が発売されていて選ぶのが楽しいので

カロリーや糖質よりも色んな味に挑戦して楽しむ方を選んじゃいますね!

原材料名(低糖質麦芽コーヒー)

大豆(カナダ又はアメリカ)(遺伝子組み換えでない)、麦芽エキス、粉末コーヒー(カフェインレス)、エリスリトール、天日塩、米油/乳化剤、香料、甘味料(アセスルファムK・ステビア)、糊料(カラギナン)

原材料名(麦芽コーヒー)

大豆(カナダ又はアメリカ)(遺伝子組み換えでない)、砂糖、麦芽エキス、米油、コーヒーエキス、チコリエキス、デキストリン、天日塩/カラメル色素、乳酸カルシウム、乳化剤、香料、糊料(カラギナン)

アレルギー

大豆

栄養成分表示 1本(200ml)あたり(低糖質麦芽コーヒー)

熱量蛋白質脂質コレステロール炭水化物食塩相当量カリウムカフェインイソフラボン
55kcal4.1g3.0g
-飽和脂肪酸 0.45g
0mg3.2g
-糖質 2.8g
-食物繊維 0.4g
0.21g223mg0mg25mg

栄養成分表示 1本(200ml)あたり(麦芽コーヒー)

熱量蛋白質脂質コレステロール炭水化物食塩相当量カリウムカフェインイソフラボン
132kcal4.9g5.4g
-飽和脂肪酸 0.86g
0mg16.2g
-糖質 15.6g
-食物繊維 0.6g
0.21g257mg31mg28mg

アセスルファムKとは?

ショ糖の200倍の甘味を持つ合成甘味料のひとつです。

ダイエットには良い甘味料ですが、腎臓や肝臓に負担が大きくなるそうです。

この甘味料を使っている「カロリーゼロ」食品や飲料には

「摂取しすぎるとお腹が緩くなります」と記されている場合がありますよね。

発がん性が高いとの記述も見かけますので摂りすぎには注意ですね。

アスパルテーム、スクラロース、アセスルファムKの3つを同時に使用している飲料や食品には気をつけましょう。

本当に危ない人工甘味料(その3)|くにちか内科クリニック
アセスルファムカリウム(K)       アセスルファムカリウム(K)    アセスルファムカリウム(K)(acesulfame potassium, acesulfame K)は…

キッコーマン

コメント

タイトルとURLをコピーしました