ホームパイのみみ みそ味

おかしのはなし

不二家といえば「ホームパイ」

マルコメと言えば「味噌」のコラボ

「ホームパイのみみ みそ味」

を食べてみました。

お味噌のお菓子自体

あまり見かけませんが、

パイを味噌味にしてしまうという

ありそうでなかったお菓子です。

しかもパイ本体ではなく

パイの「みみ」の部分にフィーチャーしていて

どうにも試さずにはいられない衝動に駆られました。

写真がうまく撮れませんでした。しわくちゃ。

ホームパイのみみ みそ味

封を開けるとフワッと

バターの香りとお味噌のいい香りがしてきます。

本当に「みみ」しかない・・・

大きさは一口サイズのスティックタイプです。

みみの部分なので

少し硬い感じがしましたが、

ホームパイのサクサクよりも

カリッと香ばしく

噛み応えのある食感です。

味噌味ですが

味噌が前にバーンッと主張しすぎることがなく

バターの風味のあとに

フワッとお味噌の後味という感じです。

お味噌の余韻でさらに楽しめます。

最近部分的なものの発売が相次いでいますが

このホームパイのみみは結構ハマりそうです!

ごちそうさまでした。

原材料名

小麦粉、植物油脂、砂糖、バター、だし入りみそ風味パウダー(大豆を含む)、全粉乳、発酵種(小麦を含む)、香味油(大豆を含む)、食塩、脱脂粉乳、たんぱく質濃縮ホエイパウダー(乳成分を含む)、乳等を主原料とする食品、水あめ/乳化剤(小麦・大豆由来)、調味料(アミノ酸等)、香料
(乳・小麦・大豆由来)、カロテノイド色素

アレルギー

小麦・乳成分・大豆

栄養成分表示(1袋36g当り)

エネルギーたんぱく質脂質炭水化物食塩相当量
193kcal2.7g10.5g21.9g0.301g

不二家

不二家といえばホームパイという方も多いと思いますが、

・カントリーマアム

・LOOKチョコレート

・POPキャンディ

など、おやつの定番の商品がたくさんありますね。

ファミリーパックのタイプが出ているので

無駄に食べすぎてしまうというリスクがありますが(笑)

お友達と分け合って食べたりできるので

コミュニケーションにはもってこいですね。

(なにがなんでも「シェア」という言葉を使いたくない)

株式会社不二家
株式会社不二家のウェブサイト。季節のケーキやギフト商品のスイーツ、ルック・ミルキー・カントリーマアムなどのお菓子の紹介、不二家の安心・安全の取り組み、会社・IR情報、キャンペーン情報、店舗検索、ペコちゃん・ポコちゃんの情報など。

不二家のホームページでは

「イパムーホのみみだけだってやれるさ」

というみみだけのページもありますので

今後またコラボ商品などがあれば

こちらにお知らせがあると思います!

サクッとかる〜い いちばんおいしい「みみ」のところだけを集めました!ホームパイのみみ
ホームパイのはしっこはこんがり焼けるからカリカリしてて香ばしくって甘いのです。そんなホームパイの「みみ」ブランドサイトでは、おいしさのこだわり、商品紹介など、誕生秘話などを楽しくご紹介します。

マルコメ

マルコメといえば「お味噌」ですが、

最近マルコメが力を入れているのが

「糀こうじ」です。

糀といえば甘酒ですが、

よくある甘酒は

酒粕から作られたものが多く

アルコールが微妙に含まれているんですね。

アルコール0%の甘酒米糀の甘酒は、

酒粕から作られた甘酒と違いアルコール0%なので、

お子様や妊婦さん授乳中のお母さんにもおすすめです。

マルコメ糀甘酒の特徴より

無添加でも感じる自然の甘味

米糀が持つ分解酵素の働きで

お米に含まれるデンプンが糖化されるため無加糖なのに甘さを感じます

マルコメ糀甘酒の特徴より

栄養補給に、水分補給に

飲む点滴と称されるほど栄養が豊富。

適度な塩分が夏の熱中症対策にもおすすめです。

江戸時代には老若男女の栄養補給として飲まれていました。

マルコメ糀甘酒の特徴より

なんかもう、いいことしかない気がしますね。

甘酒を飲むときは

「砂糖」が一番最初に書いてあるものは

酒粕から作っている甘酒が多いので

是非「糀」と一番に書いてある甘酒を選んでみて下さい。

今まで「甘酒はちょっと・・・」と敬遠して飲んでいない方、

甘酒を飲んで酔ってしまった方、

一回、糀の甘酒を飲んでみて下さい。

絶対!!とは言いませんが

「飲みやすい!」と思うはずです。

普通の甘酒よりはちょっと値段もお高めなんですが、

そのまま飲んでもいいし、

私は「豆乳」で割ったりして飲んでいます。

すみません(;’∀’)

お味噌のお話をしようと思ったのに

糀甘酒の話になってしまいましたね。

マルコメのお味噌も

「無添加 料亭の味」を愛用させて頂いています。

最近では「貝だし」のお味噌が気になっているところです。

下のアイコンがらマルコメのサイトにアクセスできます。

糀甘酒の種類も豊富ですし、

「大豆お肉シリーズ」や

贈り物に良さそうな商品がたくさんあります!

「これってマルコメだったの!?」という発見もありますので

チェックしてみてはいかがでしょうか。

日本のあたたかさ、未来へ。マルコメ
マルコメ株式会社の公式サイトです。マルコメ製品の販売や、おいしいおみそ汁の作り方やこだわりのおみそ汁、味噌や糀(こうじ)を使った料理レシピなど、毎日の食卓で使える便利な情報が満載です。味噌や糀のことはマルコメで。

今回はお菓子のコラボ商品の紹介だったのですが

お味噌の魅力をもっとお届けしたいと思ってしまたので

今度は「お味噌」の紹介記事でも書いてみようかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました